最強の空陸バトル?日産「GT-R」と「GT-Rドローン」のレーシングバトルが中々に面白い件【動画有】

2017年モデル・日産「GT-R」と「GT-Rドローン」が空陸それぞれの代表をかけてドラッグレースバトルするという動画。
空と陸の時点で、既にジャンルが異なり、レースとして成り立つのか?という点もありますが、この動画が中々に迫力があり、そして非常に見応えのある内容となっていますね。

スポンサーリンク

日産「GT-R」は、排気量3.8L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力570psを発揮。0-100km/hの加速時間は2.7秒で、最高時速315km/hにまで到達。
一方の日産「GT-Rドローン」は、パワートレインの情報は無いものの、”GT-Rの撮影用として製作された個体”であるため、0-100km/hの加速時間は驚異の1.3秒。しかし、最高速度は185km/hのため、長距離でのストレートとなると「GT-Rドローン」は相当に不利となりますね。

ただ、今回設けられたシルバーストーンコースは約2kmとそこそこに距離があり、障害物の多いコースとなっています。
なお、日産「GT-R」のドライバは、NISMOドライバのリカルド・サンチェス氏に対し、「GT-Rドローン」を操作するのは、2015年のイギリス・ドローン・レーシングにて優勝したジェームス・ボールス氏。

いずれも、最高クラスの腕を持つドライバであるため、その差は全くなく熱過ぎるデッドヒートを繰り広げていますね。

Reference:autoblog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう