オーストラリアにて、トヨタ「スープラ・MKⅣ」がクラッシュ。海外での事故は珍しい?【動画有】

オーストラリアにて、1台前を走行中のトヨタ「スープラ・MKⅣ」がクラッシュ。
「スープラ・MKⅣ」と言えば、日本仕様の「スープラ・A80型」に相当する1993年以降の後期モデルで、”MK”とはmarkの略となります。

ちなみに、「スープラ・MKⅣ」のパワートレインは、排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力280ps、最大トルク430Nmを発揮し、オーストラリアでは非常に未だ人気の絶えない有名モデルでもありますね。

スポンサーリンク

そんなトヨタ「スープラ・MKⅣ」が、今回オーバースピードにより、道路わきの縁石を乗り越え、そのままスキージャンプの如くコースアウト。
なぜこのような事故が発生したかは不明ではありますが、縁石を乗り上げる前に、左側に分岐するジャンクションに進入しようか迷っていたのか、迷いに迷いながら走行中に分岐点の中央付近を走行してしまい、そのまま縁石を乗り越えてしまったのではないかと推測。

いずれにしても、考え過ぎるような運転は避けるべきではありますが、しっかりとした判断が必要なことはもちろんのこと、自身に余裕を持たせた運転が重要であることを教えてくれる動画ではありますね。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう