最高にクールな一台。Novitecがヴォッセホイールを装着したランボルギーニ「アヴェンタドールSV・ロードスター」を公開

フェラーリやランボルギーニ、マセラティ、ロールスロイス等を専用とするドイツのチューナーのNovitec Toradoが、ランボルギーニ「アヴェンタドールSV・ロードスター」専用に製作したヴォッセホイールを公開。

Novitec Tradoは、今回の「アヴェンタドールSV・ロードスター」専用ホイールを製作するために、ヴォッセと提携を組み、ランボルギーニの攻撃的なデザインを崩さない、相乗効果を持たせた1セットを生み出したかったとのこと。

スポンサーリンク

今回ヴォッセホイールには、レッドカラーのブレーキキャリパカバーにセラミックブレーキディスクをコンボし、ホイールをNV-1合金製センターロック式にて固定。

ホイールサイズは、フロント20インチ、リヤ21インチと異径ではありますが、「アヴェンタドールSV」純正のディアンタスと同じ異径となりますね。
なお、足回りにおいては、KWのコイルオーバーサスペンションを装着しているため、フェンダーとホイールがほぼツライチとなり、ピレリP ZEROのタイヤ周りとタイヤハウスとの隙間が絶妙な感覚となっていますね。

ちなみに、今回カスタムされている「アヴェンタドールSV・ロードスター」のエンジンチューニングは施されていないものの、F1インコネルエキゾーストシステムが搭載されており、車体重量を約21kg軽減。

それ以外には、ダクト周りや給油キャップ、ドアハンドル、ダッシュボード周り等もカーボンファイバを多用し、最大限の軽量化が図られているとのことですが、具体的な数値は不明。
なお、エンジンチューニングはオプションにて設定可能とのことで、最大出力750ps→970psまで向上させることが可能とのことです。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう