早速発見。ラヴァオレンジのポルシェ「911GT2RS」が目撃に、但しヴァイザッハ・パッケージは無し

ドイツにて、ラヴァオレンジカラーに身を纏ったポルシェ「911GT2RS」が目撃に。
恐らく「911GT3RS」のラヴァオレンジと同色なのではないか?と思われますが、大型リヤウィングやブロンズ系のアルミホイールにイエローのキャリパカバー、そしてカーボンブレーキという組合わせは何とも刺激的ですね。

スポンサーリンク

こちらの個体、以前にグッドウッドフェスフェスティバル2018にて展示された「911GT2RS」とは異なり、ヴァイザッハ・パッケージ(約360万円)が設定されていない”素”の個体となります。
ヴァイザッハ・パッケージは、軽量のカーボンファイバーやマグネシウムホイール、レース用シートベルト、エアロパーツが備え付けられており、約36kgもの軽量化が可能。
今回目撃されている個体は、マグネシウムホイールが装着されていないことが確認できますね。

ちなみに、今回目撃されたこの個体は、グッドウッド同様に何かのイベント用として使用されるものと考えられますが、実質「911GT2RS」が目撃されているのは2台目であり、世界限定1,000台とは言いながらも、今後もイベント毎でサンプルが増える可能性は高そうですね。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう