世界は広い。ポルシェ「911GT3RS」のトランスミッションをPDKからMTにした猛者が登場

先日、ポルシェの次期「911GT3RS」の開発車両が捕捉され、更にはオプションにてPDKからマニュアル(MT)に選択できる可能性がある記事を公開しましたが、今回現行の「911(911.1)GT3RS」のトランスミッションをPDKから無理くりマニュアルに変更した猛者が登場。

スポンサーリンク

現行の「911GT3RS」には、標準にもオプションにもマニュアルは存在しなく、PDKのみがラインナップ。そのため、マニュアル仕様を求めるユーザが多いこともあり、次期「911(911.2)GT3RS」では、マニュアル仕様の選択が可能になると考えられていますが、何故かこのオーナは、フロリダのチューナであるBGBモータースポーツの協力の元、PDKからマニュアルにスワップするという荒業に。

もちろん、単にスワップすると言っても、かなり複雑な工程を経るということで、「911R」専用ギヤボックスやプレッシャープレート、クラッチ、シングルマスフライホイール、油圧、ペダル、シフト変換、プラスチックトリムピース、その他配線のコーティングを含め、トータル約540万円にて改造したとのこと。

なお、オーナー曰く今回の「911GT3RS」のマニュアル化計画を実行した理由としては、単純に「911R」を購入できなかったから。
っとは、言いながらも時期「911GT3RS」ではミッションのオプションが選択できるという事実を知っている彼は、「自分の力でマニュアルにしたことに意味がある。だから次のGT3RSを購入するつもりはない」と強気発言していますが、何だかんだで購入してしまいそうな気もしますね。

Reference:Zero 2 Turbo

関連記事:ポルシェの次期「911GT3RS」の開発車両を捕捉。まさかのマニュアル仕様も登場か?

ドイツにて、ポルシェのハイパフォーマンスモデルとなる次期「911(991.2)GT3RS」の開発車両を捕捉。
カモフラージュ無しのフルヌード状態にて捕捉されているこちらの個体は、恐らく排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力を500ps→520psに引き上げる可能性が高いとのこと。

なお、今回捕捉されている個体を確認していくと、フロントスプリッターやサイドスカート、リヤディフューザーといったエアロパーツが装着され、大きなダウンフォースを得るリヤウィング、そして「911GT2RS」と同様に、フードのNACA冷却ダクトが備わっている等の改良が施されています。

そして、一番注目されているのがトランスミッションで、「911GT3」と同様に、オプションでミッションの選択が可能になるかもしれないとのこと(標準はPDK)。

そうなってくると、やはり懸念されるのが”転売”で、恐らくこのモデルについても、以下の関連記事と同様に、今後は限定モデルやミッションモデルといったプレミア価値が付くものに関して、購入者候補リストから優先的に除外するといった対策をとっていくのではないかと考えられます。

ちなみに、「911GT3RS」においても「GT2RS」同様にスペシャルオプションのヴァイザッハ・パッケージが設定できる可能性が高いとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう