最大のリアウィングを装着。9歳の息子のために作られたワンオフモデル・パガーニ「ゾンダ・オリバー」【動画有】

今年開催されたグッドウッドフェスティバル2017にて、恐らく”ゾンダ史上最大”のリアウィングを装着したワンオフモデル・パガーニ「ゾンダ・オリバー」が登場。

この個体は、大富豪の最愛の息子(9歳)であるオリバー君のために作られた世界に一台だけのワンオフモデルで、車名にもの息子の名前である”オリバー”が命名されています。

スポンサーリンク

なお、この個体は世界限定15台のみ製造されたサーキット専用モデル「ゾンダR」をベースにしており、パワートレインは排気量6.0L AMG製V型12気筒エンジンを搭載し、最高出力750psを発揮。
なお、超大型のリヤウィングは2つに分割されており、全てカーボンにて仕上げられています。

それ以外の特徴においては、2つの大きな吹き出し口を備えたカーボンフードや「ゾンダ・チンクエ」風のルーフスクープ、中央ルーフには巨大カーボンフィンが装着され、ほぼレーシングモデルとして作られた反則モデルといっても良さそうですが、たった9歳の息子のために、約数億円の大金を用いてハイパーカーをプレゼントするというのはとんでもないことですね。

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう