これで白煙をあげても大丈夫。ルノーがF1参戦40周年記念として、シャレた”イエローティーポット”を製作

ルノーが、F1参戦の40周年記念として、中々にシャレた「イエロー・ティーポット」を製作。
“これで白煙を上げても大丈夫”という不思議なキャッチフレーズが込められた、こちらのティー・ポットは、1977年に開発された「RS01」というF1史上初のターボチャージャー付のF1から受け継がれた個体となります。

ただ、あまりにも悲しいことに、この「RS01」はイギリスGPのデビュー戦にてターボラグや冷却問題により、エンジンから白煙を上げてしまいレース中にリタイヤしてしまうという黒歴史モデルとなってしまい、チーム内では「イエロー・ティーポット」と呼ばれる始末。

スポンサーリンク

あれから約40年が経ち、ルノーは特別記念モデルとして「イエロー・ティーポット」をルノーオンラインストアにて世界限定40個のみ販売するとのこと。

ルノーのイメージカラーでもあるイエローをメインに、ブラックのアクセントを加え、ポットの蓋はロールフープとエンジン・カウル、取っ手はリア・ウィングをイメージしているのだとか。
なお、価格は約17,000円となっています。

Reference:autoblog

関連記事:無限の可能性を秘める。79歳の女性が800馬力のF1を運転する【動画有】

現代のF1マシンを操作することは非常に難しく、おまけに身体的コンディションがベストな状態で無ければ、乗ることすらもできないほどにハードルの高い個体。
そんなハードルの高いF1マシンに挑戦する79歳の女性の動画が話題に。

今回、このような無謀な挑戦に挑んだきっかけとして、ルノースポーツチームの40周年記念式典イベントに参加した老夫婦の中に、元々モータスポーツ/ラリーカードライバであったローズマリー・スミスさん(79歳)が出席していたことが、事の始まりだったわけですが、次回のイベントにて、ルノーが作り上げた最高出力800ps仕様のF1マシンのドライバを募集していた中で、ローズマリー・スミスさんが立候補。

もちろん、会場に居合わせた全ての人が驚きを隠せなかったわけですが、スミスさんは元々レーシングドライバと言ってもF1マシンの操作は初めて。
しかし、元々向上心の強い彼女は、母国にあるF1ドライバ育成学校に通い続け、圧倒的なセンスとテクニックで首席レベルでライセンスを取得。

念願のF1マシンにトライできる彼女ですが、一体どんなテクニックを見せてくれるのか?かなりの見ものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう