ロールスロイスの次期「ファントム」の画像がリーク。ほぼデザインは変わらず?

ロールスロイスのフルモデルチェンジ版となる「ファントム」の画像がリーク。
ロールスロイスは、7月下旬に全面的にデザイン変更する「ファントム」を発表する予定でしたが、大方予想通りのリーク。
恐らくディーラにて保管されていた資料(簡易カタログ)が外部に出回ったのではないかと推測しています。

スポンサーリンク

今回リークされたフルモデルチェンジ版「ファントム」ですが、以前販売終了となった「ファントムⅦ」という、ナンバリングシリーズの後継版として「ファントムⅧ」として登場することが判明。
その「ファントムⅧ」を確認していくと、ホイールベースが相当に長く、次世代のリムジンに代わる個体であることには変わりなさそう。

昨年、「103EX」というコンセプトモデルでデビューした「ファントムⅧ」ですが、前モデルからは特に大きなデザイン変更は無いものの、新たな板金技術により軽量化とスポーティさを向上させるとのこと。

また、最近スクープの多いロールスロイスのクロスオーバーモデル「カリナン」とシャシーやプラットフォームが共有化されるとの情報もありますが、これまでロールスロイスが一本化してきたプラットフォームと共通したものかどうかは不明で、全く新しい設計ともなると、相当なスリム化&軽量化された個体が登場する可能性がありそうですね。

なお、今回のフルモデルチェンジでは、駆動方式は四輪駆動(AWD)、最新のインフォテイメントシステムの搭載、これまでにない異次元の室内空間が提供されるかもしれないとのこと。

パワートレインは、最新版となる排気量6.75L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載、または別グレードにてターボモデルを発表するかもしれないとのことですが、今のところハイブリッドモデルをラインナップする可能性は”ゼロ”。
ちなみに、この個体の正式発表は7月27日(木)となっています。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう