最強のチューニングモデル。ABTのアウディ「TT RS-R」をサテン・レッドにカスタム【動画有】

アウディのスポーツモデル「TT RS」をベースに、ドイツチューナのABTスポーツラインが世界限定50台のみ製作した「TT RS-R」。
さらにそのチューニングモデルにサテンレッドという、マット系のキャンディレッドにペイントするという、過激な仕上がりに。

スポンサーリンク

アウディ「TT RS-R」は、現行モデルの「TT RS」よりもダイナミックとなり、排気量2.5L 直列5気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力400ps→500ps、最大トルク480Nm→570Nmに向上するという、ランボルギーニ「ガヤルド」に近いスペック。

ホイールは、何とも美しいハイグロスブラック処理されたダイヤモンド加工フランジ付の20インチ大口径のABT SPORT GRホイールを装着。

その他のパーツにおいては、カーボンファイバ製フロントスポイラーやサイドスカート、リヤディフューザを装着し、レッドTT RS-Rロゴ付グリルフレーム、フロントブレード、マルチパーツリヤスカートが装着されています。

Reference:autoevolution

関連記事:ジュネーブにて、ABTのスペシャルエディションとなるアウディ「TT RS-R」を公開に

来週よりいよいよ開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2017にて、チューナーのABTスポーツラインが、アウディ「TT RS」のスペシャルエディションモデルとなる「TT RS-R」を出展することがわかりました。

このモデルは、アウディ「TT RS」をベースに、排気量2.5L 直列5気筒ターボエンジンを搭載し、そこから最高出力を500ps、最大トルク570Nmにまでチューンアップされています。
「TT-RS」は0-100km/hが3.7秒なのですが、この「TT RS-R」はパワーブーストにより3.5秒へと改善。

その他にもカーボンファイバー製のフロントスポイラーやグリル・フレーム、サイドブレード付サイドスカート、マルチ・パーツ・リヤ・スカート、カナードが装着。
ホイールはハイグロスブラック仕上げの20インチABT SPORT GRホイールとなっています。

また、内装においてもシートはブラックのレザーシートにレッドのダイヤモンドステッチをデザインし、パワーシート周りもカーボンが多用されていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう