イタリアにて、ホワイトベースにシンプルなストライプのフェラーリ「458スペチアーレA」が目撃に

イタリア・ミランにて、「マラネロ史上最速のスパイダー」と謳われた、フェラーリ「458スペチアーレA」が目撃に。
この「458スペチアーレA」は、世界限定499台のみ製造された希少モデルで、排気量4.5L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力はベースとなる「458スパイダー」に比べて35psアップの605ps、最大トルクは540Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は僅か3.0秒で到達するというとんでもないモデルとなります。

なお、「458スペチアーレA」の”A”はアペルタの略称で、イタリア語で”オープンモデル”を意味します(「ラ・フェラーリ・アペルタ」も同様)。
※「458スペチアーレA」はアルミ製のリトラクタブルハードトップ(自動開閉式)を採用ですが、「ラ・フェラーリ・アペルタ」はカーボントップ又はソフトトップの手動脱着式を採用。

スポンサーリンク

今回目撃されている個体は、ホワイトカラーをベースにレッド&ホワイトのストライプ、内装はオールレッドという非常にシンプルな組合わせなのですが、こういったシンプルな組み合わせは意外と目撃されず、これまで確認されている個体は、レッドのボディカラーにイエローのストライプや、ブルーのボディカラーにレッドのストライプというちょっと過激な組合わせ。

足回りは、「458スペチアーレA」の標準となる20インチ鍛造ホイールに、レッドカラーのブレーキキャリパカバー、カーボンブレーキが装着されています。

リヤも非常にシンプルで、ディテール部にレッドのアクセントは加えられず、ブラックとホワイトのメリハリを付けた美しい仕上がりとなっていますね。

【関連記事】
新車価格の3倍。フェラーリ「458スペチアーレA」が中古市場にて販売中(2018/1/29投稿)
これでノーマル?!ド派手なグレーのフェラーリ「458スペチアーレA」が9,800万円にて販売中(2017/6/2投稿)

Reference:AUTOGESPOT

中国にも登場していた!
関連記事:これは珍しい。中国・上海にてフェラーリ「458スペチアーレ・アペルタ」が目撃に(2017/2/9投稿)

中国・上海にて、マット系ロッソにブラックとホワイトのセンターストライプが入ったフェラーリ「458スペチアーレ・アペルタ」が目撃に。
中国では、排気量4.0L以上の車両を保有すると、とんでもない税金を支払う必要があり、その税金対策としてダウンサイジングターボ化された「488GTB/488スパイダー」が市販化されたという説もあるため、こういった自然吸気モデルはあまり見かけないのが現状。

しかも、中国は関税も非常に高いことから、この「458スペチアーレ・アペルタ」も、新車価格にして約7,200万円とされているため、この個体を所有するだけで、少なくとも1億円は必要になるといわれています。
今回目撃されている個体は、マット系のロッソカラーに、ホワイトとブラックのセンターストライプが入った何とも珍しい組み合わせ。
ホイールも、恐らく社外製のブラックペイント仕上げのホイールを装着していると思われますが、「やり過ぎない」「攻めすぎない」絶妙なデザインでまとめられていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう