ローウェンが、スバル「レヴォーグ」を過激カスタム。大型リヤウィングを装着したレーシングワゴンに

スーパーカーはもちろんのこと、スポーツカー等幅広いカスタムを施すチューナーのローウェンが、スバル「レヴォーグ」を過激カスタム。
上の画像はあくまでもカスタムするための予想レンダリングとなりますが、実際にカスタムされたの以下の動画では、ラリーベースの「WRXワゴン」のように、ツライチ&ローダウン、大型リヤウィングの装着といった過激なカスタムが施されていますね。

スポンサーリンク

今回のカスタムされたデモカーは、排気量1.6L 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載したモデルで、最高出力170ps、最大トルク250Nmを発揮と、この辺りのエンジンは変更なしですね。
外観のカスタマイズにおいては、全く新しいフロントバンパーを装着し、ロア部にはブラックアウトされたグリルで加飾。フードスクープも印象的ですね。
他にも、フロントスプリッターやサイドスカート、リヤディフューザーと広範囲のカスタムが施され、足回りにおいては20インチのブラッシュドアルミホイールが装着。

上記は主に走行性能面でのカスタムとなりますが、それ以外には両サイドツイン出しのエキゾーストシステムの導入や着色系のテールライトといった、ちょっとしたヤンチャ風のカスタムも含まれていますね。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう