これがプチオフ会だと?ドバイにて、ブガッティ×2、ケーニグセグ、ランボルギーニが登場

ドバイの高級ホテル前にて、ブガッティ「ヴェイロン」×2とケーニグセグ「アゲーラR」、ランボルギーニ「アヴェンタドール」がプチオフ会を開催。
台数はたったの4台と、スケール的にはプチオフ会と謳っても良いかとは思いますが、ブガッティ×2で約4億円、ケーニグセグで約2億円、ランボルギーニで約5,000万円と考えたら総額は約6.5億円となり、全くプチではない凄まじいオフ会ですね。

スポンサーリンク

ちなみに、ケーニグセグ「アゲーラR」といえば、「アゲーラ」をベースにしたハイパフォーマンスモデルで、排気量5.0L フォード製V型8気筒ツインターボエンジンをそのままに、最高出力1,115ps、最大トルク1,200Nmというとんでもないスペックを持っており、0-100km/hの加速時間は2.9秒、0-200km/hは7.5秒、最高速度は440km/hとなっています。

ちなみに、ケーニグセグ「アゲーラR」は、「停止状態から300km/hまで加速して再び停止するまでが最も速い2人乗りの市販車」としてギネス記録を樹立しており、その記録時間21.19秒と、未だ破られていませんね。

ブガッティにおいては、ノーマルとなるブラックカラーの「ヴェイロン」と、ホワイトカラーの「ヴェイロン・16.4スーパースポーツ」が登場。
特に注目したい「ヴェイロン・16.4スーパースポーツ」は、ベースグレードからエアロパーツの改良や足回りの強化等、細部にわたって大きく変更しており、ベースグレードと比較してもエアインテーク部デザインの違いが明確にわかるのも大きなポイントですね。

ちなみに、パワートレインは排気量8.0L W16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,200ps(ベース比+199ps)、最大トルク1,500Nm(ベース比+250Nm)を発揮します。

このように、ドバイでは平日休日関係なく、あらゆるところスーパーカー/ハイパーカーのオフ会が開催されているとのことですが、その個体もやはり一級品で、当たり前のようにブガッティを見ることができるのもドバイの凄いところ。

【ドバイ関連記事】
ドバイでは普通。マクラーレン「720S」を筆頭にポルシェ・フェラーリ・マセラティが集結(2018/1/22投稿)
かなり攻めてる。ドバイにて、パープルカラーのマクラーレン「720S」が目撃に(2018/1/18投稿)
さすがドバイ。レクサス「LX570」にスーチャー搭載して760馬力&トルク1,300Nmに【動画有】(2017/12/8投稿)
さすがドバイ。まるでオロチのような究極カスタムのシボレー「カマロ」が登場【動画有】(2017/11/20投稿)
ランボルギーニ要素が入ってる?ドバイにて過激カスタムされたフェラーリ「458イタリア」が目撃に(2017/9/3)

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう