日産の新型「リーフ」に新たなティーザー映像が公開。今度は空力抵抗について【動画有】

都度新たなティーザー映像が公開される日産の新型「リーフ」。
今回は、次世代のゼロエミッション車両でありながらも、空力抵抗は相当に重要であることを謳った動画となっており、”航続可能距離”をほんの少しでも向上させるために、「飛行機の羽」からインスピレーションを受けて、効率的な空力形状をデザインしたとのこと。

関連記事①:やっちゃえ日産!新型「リーフ」に国産車初の自動駐車機能が搭載されることに【動画有】
関連記事②:世界初。日産の新型「リーフ」が”eペダル”を採用。アクセル一つで加速・減速・停止が可能に

スポンサーリンク

なお、今回の新型「リーフ」は、現行モデルよりも全高が低くなり重心が低い位置に来るため、高速走行においても横風の影響をあまり受けない安定性を高めたゼロリフト生成する模様。
ちなみに、グレードにおいては、エントリーレベルがバッテリ容量40kWhのバッテリパックを搭載している一方で、上位グレードのバッテリ容量60kWhについては、航続可能距離を547kmにまで伸ばすとのこと。

発表は、来月より開催するフランクフルトモーターショー2017となりますが、それまでにはまた新たなティーザー映像やリーク画像等が複数公開しそうですね。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう