イタルデザイン「ZeroUno(ゼロ・ウーノ)」が売り切れ。ロードスターも販売するかも?

スイス・ジュネーブモーターショー2017にて発表された世界限定5台のみ生産されるイタルデザインの「ZeroUno(ゼロ・ウーノ)」。約1.8億円という非常に高額な個体でありながら、先日5台全てが完売したことが発表されました。
この個体は、イタルデザイン・オートモビリのスペチアーレ部門最初の製品であり、有名デザイナーであるGiorgetto Giugiaro氏とフォルクスワーゲングループが共同で開発したモデルとなります。

「ZeroUno(ゼロ・ウーノ)」は、完全オリジナルのボディワークを持ち、エンジンはランボルギーニ「ウラカン」やアウディ「R8」と同様の排気量5.2L V型10気筒エンジンを搭載し、最高出力610psを発揮します。

スポンサーリンク

やはり生産台数が極端に少ないこともあって、価格設定もかなり思い切っていますが、それでも5台全て完売(欧州、アメリカ、ドバイ)しているとのこと。
また、この5台の個体は、早くとも年内にオーナーのもとへ納車されるとのことなので、公道での走行風景を確認することができるかもしれませんね。

なお、今回はクーペモデルを発表しましたが、いずれオープンモデルとなるロードスターも登場する可能性が高いとのことで、こちらにおいても生産台数は同じ5台となるようで、車両本体価格もクーペよりも高い約2億円以上にて販売するかもしれないとのこと。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう