こいつはかなりヤバい。ロンドンにて、リバティーウォーク仕様のランボルギーニ「アヴェンタドール」が目撃に

イギリス・ロンドンにて、とんでもなくカスタムされたリバティーウォーク(LB)仕様のランボルギーニ「アヴェンタドール」が目撃に。
もはや元のボディカラーが何なのかわからないほどに隅々までカスタムされていますが、恐らくクロームブルーのラッピングが施されてて、オレンジカラーのアクセントを加えることでトロント風のデザインに仕上げられています。

スポンサーリンク

サイドから見たときの低さは異常(恐らく最低でも3~4cmは車高を下げている)で、LBの特徴でもある極悪オーバーフェンダーに、カーボン製の超大型リヤウィングが装着されていますね。

リヤウィングにはオレンジカラーの”SV”ステッカーが貼付。
リヤディフューザーに至ってはもはや説明不要なアグレッシブなデザインですね。

カーボンファイバ製フロントスプリッターやサイドスカートも装着され、いつ擦ってもおかしくない程に低いですが、こうしてみると、タイヤにオーバーフェンダーが被らないように適度な高さをキープしているところは職人技といっても良いですね。
(後ろにはブガッティ「ヴェイロン」やランボルギーニ「ウラカン」が鎮座」

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう