ホットピンクのリバティーウォーク(LB)仕様・ランボルギーニ「アヴェンタドールSVロードスター」が公開。所有者はあの有名な日本人

ホットピンクのド派手なボディカラーに身を纏ったランボルギーニ「アヴェンタドールSV・ロードスター」をリバティーウォーク(LB)仕様にカスタムした画像が公開に。
リバティーウォークとは言えば、日本を代表するチューニングメーカで、その大きな特徴として極太ホイールに外付けリベット留めのオーバーフェンダーがをイメージしますが、今回公開しているカスタムキットはこれまでに無い非常にシンプルな仕上がりとなっていますね。

スポンサーリンク

今回装着されているカスタムキットは、フロントエプロンやサイドスカート、リヤディフューザーというフルエアロセットのみではありますが、それに合わせて車高もガッツリとローダウンしていますね。

基本的にはカーボンファイバ製のフルエアロキットでまとめられていますが、「アヴェンタドールSV」ならではのエアインテーク周りのブラック化(純正)並びに突き出たロアバンパーに、更にカーボンファイバ製フロントエプロンによってダブルで突き出すことにより、アグレッシブさを強調。

サイドスカートも非常に複雑な形状ではありますが、「アヴェンタドールSV」にこそふさわしい組合わせ。
ちなみにこれだけのカスタムキットで約100万円との情報もありますが、工賃等も含めると更に高額になるのではないかと思います。

ホイールはまさかの純正(ディアンサス)となっていますが、実際は社外品の極太ホイール(ボディカラーに併せたホットピンクカラー)を装着しているとのことです。
ちなみに、この個体のボディカラーの名称は「ローザ・アカンサス」という特別オーダーカラー(アド・ペルソナム)で、ローザは”ピンク”、アカンサスは”葉を現す装飾全般”を指しており、特に建築意匠においては、岩石や木材に葉をイメージした彫刻物のことも含められています。

なお、この個体を所有するオーナーは日本人の五島学氏で、この個体以外にも通常のランボルギーニ「アヴェンタドールLP700-4」やロールスロイス「ドーン」等のカスタムモデルも所有していますね。

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう