何とも近づきにくい。ブラックとシルバーのロールスロイス「レイス」が公開に

先日、ロールスロイスの新たなモデルとなる「ファントムⅧ」がロンドンのディーラにて先行公開されましたが、その一方で2ドアモデルの「レイス」にカスタムモデルが登場。
その個体は、ダイヤモンドブラックのボディカラーをベースに、フロントボンネットからルーフ、ピラー、リヤボンネットにかけてジュビリー・シルバーという特殊なツートンカラーにて仕上げられた特別モデルとなります。

スポンサーリンク

ロールスロイスにおいては定番化しているボディのツートンカラーですが、今回様な光沢のあるブラックとシルバーとの組み合わせは、非常にシンプルであり、引き締め効果の強いブラックであるにも関わらず、かなりの威圧感がありますね。

車体形状としては2ドアのクーペスタイルになりますが、車内空間は通常の大型セダンと変わらないレベルで、十分なサイズ感と言えます。

リヤの重厚感も半端ないですね。
マフラはさり気なく両サイドツイン出しとなっています。

ちなみにインテリアは、シーシェルとブラックのバイカラーレザーとなっていて、天井はロールスロイスならではの1340本もの光ファイバーを埋め込む、「スターライトヘッドライナー」。
こちらの価格は驚異の800万円となっています。

なお、パワートレインは、排気量6.6L V型12気筒エンジンを搭載し、最高出力632ps、再々トルク800Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は4秒半にて達するとのことです。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう