アメリカ納車第一号のブガッティ「シロン」を動画にて。イエローとブラックの奇抜なデザイン【動画有】

アメリカ・ユタ州にて、国内第一号となるブガッティ「シロン」が納車される動画を、人気ユーチューバーであるThe Stradman氏が配信。
今回納車された個体は、イエロー&ブラックという何とも奇抜なボディカラーですが、内装もボディカラーに併せてブラックを基調としたシートに、イエローのアクセントを加えています。
※この「シロン」を納車している場所は、サンディエゴ近くにあるスーパーカーディーラ「O’Gara La Jolla」。

スポンサーリンク

なお、この個体を所有するオーナーは、ブガッティ「ヴェイロン・ヴィテッセL’Or Rouge」も所有するHezy Shaked氏というオーナーであるとのことで、これら以外にもランボルギーニやフェラーリはもちろんこと、数十台のスーパーカーを多数揃えるスーパーカーコレクターであるとのこと。

関連記事:ボストンにて、マクラーレン「720S」が納車。自然とギャラリーが増えている件【動画有】


アメリカ・ボストンのマクラーレンディーラ前にて、マクラーレンの新型モデル「720S」が納車のため、その個体をレッカーから降ろすシーンが公開に。

車両本体価格が約3,300万円だけあって、レッカーから降ろすだけでも相当な苦労があるかと思いますが、こういった作業をしている場合、やはりエキゾーストサウンドも相当なものなのか、周りのギャラリーも徐々に増えていることが確認でき、周りの目を気にしながらのレッカー作業は相当に緊張するのではないかと思いますね。

マクラーレン以外にも、「ラ・フェラーリ」やランボルギーニ「ヴェネーノ」「アヴェンタドールSV」といった超高級車のレッカー作業の動画も多数公開されていますが、やはり車高が低い個体なだけに、レッカーから降ろすことはもちろん、そのあとの段差を乗り越えてのディーラへの納入も相当に大変であることがわかる動画もあったりで、改めてスーパーカーは操作が難しい個体であることがわかります。

ちなみに、マクラーレン「720S」のパワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720ps、最大トルク770Nmを発揮。0-100km/hの加速時間は3.0秒未満で、最高時速は341km/hにまで到達します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう