打倒「ゴルフGTI」。トヨタから謎のスポーツハッチバックモデル「カローラ」が登場か

トヨタの主要ラインナップモデルとなる「カローラ」から、フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」の対抗馬と思われるスポーツ5ドアハッチバックモデルが登場するかもしれない、との噂が浮上。
今回、スポーツ5ドアハッチバックモデルの噂が浮上するとともに、併せて予想レンダリング画像も公開していますが、パッと見の印象では現行の「カローラ」と「オーリス」を足して2で割ったようなデザインという印象。

特にフロントヘッドライトのデザインは「オーリス」、フロントエンドの”キューンルック”は「カローラ」をモチーフにしていると思われ、それに加えて足回りのホイールについてはBBSデザインとなるグロス系メッシュホイールが装着されていますね。

スポンサーリンク

もちろん、あくまで噂程度の情報でもあるので、確実にラインナップ化するかは別ではあるものの、基本的な基盤となるプラットフォームには次世代の「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA C)」が採用される可能性が高く、よりワイド&ローにすることで低重心且つ走行性能を高めたスポーツ仕様へと方向性を定めていくと推測。

スタイリングフォルムは、「カローラ・アルティス」を継承すると思われ、ハッチバックというよりもクーペに近いスタイリングになるのでは?とも思ったりしますが、5ドアハッチバック以外にも「5ドアセダン」もラインナップするかもしれないとのことで、改めて強豪とするモデルがフォルクスワーゲン「ゴルフGTI」以外にも対象としている個体があるのかもしれません。

なお、パワートレインはやはり排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力は260ps以上になると思われ、こちらも「ゴルフGTI」よりも30ps高い仕様に。
価格帯としては、約350万円程を目標にしているとのことですが、それでも中々に高額ですし、最近では各メーカの価格帯が徐々に上昇していることも否めないため、改めて低価格化を目指している模様。

なお、「カローラ」のスポーツ5ドアハッチバックは2019年初めとの情報ですが、それよりも前の次期型(セダン)は来年9月頃になるのではないかとのこと。

Reference:Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう