レクサスの新型「NX/CT」がフランクフルトモーターショー2017にて登場確定。「LS」や「LC」の上位モデルも?

レクサスの新型「NX300/300h」と「CT200h」が来月より開催のフランクフルトモーターショー2017にて登場することが判明。
「NX」は国内にて9月14日、「CT」は明日の8月24日に発売という情報となっていますが、一足先に量産モデルをモーターショーにて確認できる、という位置づけとして公開するのかもしれません。

今回のマイナーチェンジにより、「NX」はフロントエンドのデザインが変化し、流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)も採用し、乗り心地とハンドリング性能の両方を向上させるサスペンションを調整。
パワートレインは、これまで通りと変わらずの2.0Lの直4ターボ、2.5Lの直4ハイブリッドの2グレードとなりますが、型式としては「NX200t」→「NX300」へと変更することが確定しています。

関連記事:レクサス「NX」のマイナーチェンジモデルが公開。ヘッドライトは「RC」寄り、安全装備も充実してウィンカーも流れる仕様に
関連記事:レクサス・新型「NX」の簡易カタログを入手。美しさに磨きをかけた本気の一台、その内容を公開

スポンサーリンク

なお、「CT200h」も同様にフロントエンドのデザインやリヤテールランプが一部変化するも、基本的なスタイリングや形状に変更無し。
フロントのスピンドルグリルも全バージョンにおいて、メッシュデザインが採用されることとなり、特に”F SPORT”モデルは漆黒メッキモールという光沢を設けることで、より高級感を演出。

パワートレインは、これまで通り1.8Lの直4ハイブリッドとなり、燃費も恐らく変わらないとは思いますが、内装においてはナビゲーション画面が7インチ→10.3インチに拡大するため、ここは非常にメリットのあるマイナーチェンジともいえますね(新型「NX」も10.3インチに拡大)。

関連記事:レクサス「CT200h」がマイナーチェンジ。Lポジライトやリヤデザインが変更、LSS+も標準装備に
関連記事:レクサスのマイナーチェンジ版「CT200h」の簡易カタログを入手。その内容を公開

なお、この情報は未だ確定はしていませんが、フランクフルトモーターショー2017にて、レクサス「LC」のハイパフォーマンスモデル「LC F」に関する情報が新たに公開されるかもしれないとの噂も浮上しているとのことです。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう