意外な真実。フェラーリよりも先にランボルギーニが30年前に「ポルトフィーノ」を発表していた件

フェラーリは先日、「カリフォルニアT」の後継モデルとなる最高出力600ps仕様のミドシップエントリーの「ポルトフィーノ」を発表しましたが、実はそれよりも30年前にランボルギーニがV8エンジンを搭載した4ドアセダンの「ポルトフィーノ」を発表。
この個体は、当時親会社であるクライスラーの傘下にあった時代に、クライスラー・チーフデザイナーのケヴィン・ヴァーダイン氏がデザインしたコンセプトモデルとなります。

関連記事:フェラーリ最新モデル「ポルトフィーノ」が登場。最高出力600馬力の「カリフォルニアT」後継モデルか

スポンサーリンク

ランボルギーニ「ポルトフィーノ」は、1970年代にスーパーカーブームの火付け役となった「カウンタック」をモチーフとした個体で、4ドア+4座シートのスポーツセダンとして1987年のフランクフルトモーターショー1987にて発表されました。

当時は相当なインパクトであった「カウンタック」と同様のシザードア(世間ではガルウィング・ドア)を採用し、更にはリヤドアにおいてもヒンジで上方へ持ち上がるスーサイドドアを採用。
「ポルトフィーノ」は、イタリア・トリノのコッジョラにて製造され、シャシーは1981年に発表した2ドアクーペモデルのランボルギーニ「ジャルパ」のシャシーをベースとしていたため、エンジンはミドシップ搭載の後輪駆動(MR)となりました。

パワートレインは排気量3.5L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、トランスミッションは「ジャルパ」と同様の5速MT、最大トルクは230Nmを発揮。
ちなみに、「ポルトフィーノ」は、世界でたった1台しか存在しないコンセプトモデルだったのですが、1991年に車で輸送中に大事故で大破してしまうも、約3,600万円という費用をかけて復元し、現在ではクライスラーの象徴として同社の本社にて展示。

なお、ランボルギーニ「ポルトフィーノ」のデザインは、当時多くの自動車メーカに大きな影響を与え、クライスラー「コンコード」やダッジ「イントレピッド」といったクライスラーの初期モデルのプラットフォームとして採用されていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう