日本の納屋で40年間眠っていたボロボロのフェラーリ「デイトナ」がオークションにて出品。予想落札価格は驚異の?!

過去これまで何度かお伝えしてきたフェラーリ「365GTB/4 デイトナ」に関するオークションへの出品シリーズ。
フェラーリ「365GTB/4 デイトナ」は、1967年~1973年に1,300台のみ製造された個体で、その内の右ハンドル仕様が158台、スパイダー仕様が122台のみとなっています。

これまで、エルトン・ジョン氏が所有していた過走行の個体や、122台しか存在しないスパイダーモデル等、多くの「デイトナ」が出品され、その予想落札価格は億を超える個体ばかりでした。
今回出品される個体は、日本の納屋にて約40年間眠っていた「365GTB/4デイトナ」なのですが、これがまたとんでもない個体であったことが判明。

スポンサーリンク

納屋にて発見された個体は、スカリエッティ工場にて製造され、アルミニウムボディを備えた世界に1台しか存在しない公道仕様のデイトナで、これはフェラーリの創設者であったエンツォ・フェラーリ氏の親友であるルシアーノ・コンチ氏によって新しく販売された個体となります。

製造年式は1969年6月となっており、シャシーナンバーは12653、特注のPlexiglasヘッドライトとパワーウィンドウが装備されています。
なお、この個体は日本に輸入してから3人のオーナーに回ったあと、約40年間納屋にて誰にも発見されないまま眠っていたとのことです(ちなみに、この個体を最後に所有していた人物はタカイ マコトさんという人物)。

なお、この個体は来月のRMオークションのフェラーリ・レジェンドEパッシオーネにて出品することが確定しており、予想最高落札価格は驚異の2.4億円。これまで出品されてきた「デイトナ」の中である意味圧倒的に価値の高い個体ともいえますね。

関連記事:エルトン・ジョンが所有していたフェラーリ「デイトナ」がオークションに登場。過走行ながらも予想落札価格は8,000万円以上
関連記事:今度はフェラーリ「デイトナ・スパイダー」がオークションに登場。予想落札価格は3.6億円
関連記事:フェラーリ「365GTB/4デイトナ」のレーシングモデルがモントレーオークションにて出品予定。予想落札価格は約2億円

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう