世界にたった一台のブラックとゴールドのランボルギーニ「アヴェンタドールSV」がビバリーヒルズを走る

先日、アメリカ・ビバリーヒルズにて、世界限定600台のみ生産されたハイパフォーマンスモデル・ランボルギーニ「アヴェンタドールSV・クーペ」(ロードスターは500台)の最後の1台が納車した記事を公開しましたが、今回のその超希少モデルがビバリーヒルズ街にて走行しているところを目撃されています。

この最後に納車した500台目の「アヴェンタドールSV」は、ミウラ・オマージュ風に仕上げられた世界でたった1台しか存在しないワンオフモデルとなっていて、そのボディカラーは何とも特殊なゴールドとブラック(もちろんランボルギーニ純正オプションのアド・ペルソナムシステムをフル活用)となっており、本来ならばブラックであるべきフロントバンパーやサイドスカート、ビッグ”SV”ステッカー、ディアンサスホイール(フロント20インチ、リヤ21インチ)をゴールドに仕上げた過激カスタムとなっています。

スポンサーリンク

画像では少々わかりづらいのですが、標準ではマットカーボンファイバを使用しているリヤディフューザーやリヤウィング、ダクトについては、全てグロスカーボンに置き換えられており、こちらについては相当なオプション費用になっていると思われます。
リヤデザインを見るだけでも相当な存在感ですが、道行く人たちがそこまでガッツリと注目していないのもちょっと驚き。

なお、具体的なオプション総額は不明ながらも、軽くポルシェ「911カレラ」を購入できるとのことで、車両本体を合わせると、約7,000万円は超えてもおかしくなさそうですね。

ブラックとゴールドって意外と難しい組合わせかとは思いますが、ここまで思い切ったデザインであれば、そこまで違和感も無いですし、ランボルギーニらしいヤンチャさが表現されていてグッドだとは思いますね。

関連記事:世界にたった一台のみ。ブラックとゴールドのワンオフモデル・ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」が納車

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう