メルセデスベンツAMG「GT R」にブラックシリーズ登場か。開発車両を捕捉

つい先日、日本でも発表したばかりのメルセデスベンツAMGの上位モデルとなる「GT R」の更なるハイパフォーマンスモデルと思われる開発車両を捕捉。
基本的には大げさなカモフラージュは無く、フロントの特徴的な縦型クロームグリルやヘッドライト、エアインテーク等の変更は見られませんが、リヤにはちょっとしたカモフラージュがされていますね。

ちなみに、リヤのカモフラージュが施されており、この時点で通常の「GT R」と異なるのは、センタマフラが無いということで、その代わりとして、両サイドのディフューザー内にツインマフラが設けられる可能性がありそうですね。

スポンサーリンク

なお、パワートレインとしても排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンは変わらず、最高出力600ps以上を発揮する可能性があり、通常の「GT R」の585psよりも更にパワフルになり、このパワーアップに加えてエアロ要素の改善が行われ、ちょっとした軽量化もあるかもしれません。

ちなみに、AMGのボスによると「ブラックシリーズは、ただ単にパワーのある車を作りたいわけではない。ただ単にダウンフォースを強化したエアロパーツを取付けたいわけではない。それでは不十分である」とコメントしており、もしかすると更なる特別な要素が加えられてくるのかもしれません。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう