レクサス・新型「CT200h」のカタログを入手。その中身を画像にて公開

さて、レクサス宝塚さんにてマイナーチェンジモデル「CT200h」の展示車両を拝見させていただいた際、同車のカタログも頂きました(レクサス宝塚さん、いつも本当にありがとうございます)。
今回新たに発行されたカタログ、レクサス「LC」に次ぐ上質な写真集のようなつくりに加えて、グレード毎にそのスタイリングや標準装備、適応するメーカオプション、インテリアカラー等が上手くまとめられているため、非常に見やすくなっていますね。

関連記事:レクサス・新型「CT200h」を見てきた。迫力ある外観へと一新し、安全装備も充実
関連記事:レクサスのマイナーチェンジ版「CT200h」の簡易カタログを入手。その内容を公開
関連記事:レクサス「LC」のカタログを入手。その中身+αを公開

スポンサーリンク

カタログの始まりとしてはこんな感じ。
まるで写真集の写りに加えて、「LC」に引けを取らない上質感があります。

数ページに渡る写真集の後は、ようやく新型「CT200h」のデザイン性に記載されていますね。

こちらはデザイン性。
“都市にふさわしいプレミアムコンパクトカー”としてレクサスのディテールにまでこだわった美しさとエレガンスさが伝わってきます。

続いてはドライビングパフォーマンス。
“Creative Touring”と謳うだけあって、レクサスが誇る最高の低燃費を持つ個体がどこまでもスポーティに走り続けられる、そんなエンドレスなテーマを以て「CT200h」はこれからも進化し続けます。

続いてはセーフティ。
レクサスの予防安全システム「Lexus Safety System+」が標準装備となり、人・クルマ・交通環境の「三位一体の取り組み」とともに、”実安全”の追求することで、交通事故ゼロを推進していきます。

こちらはコンフォート。
やはりレクサスは高級感が命。
室内空間においてはもちろんのこと、先進性も常に一歩先へ向かっていきます。

次なる頁はF SPORT。
レクサスの象徴グレードであり、レクサスにしかできないハイパフォーマンスモデル。

他には「CT200h」の全カラーラインナップと、インテリアが各ページに凝縮されていますね。

次からは各グレード毎の標準装備やその他メーカオプション、そして、インテリアカラーがまとめられています。
こちらはVersion L。

こちらはF SPORT。

こちらはVersion C。

そして最後はベースグレードですね。
ベースグレードは、ヘッドランプがハロゲンとなり、LEDヘッドランプのオプション選択はありません。

最後はインテリアカラー/イクイップメントチャート。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう