驚愕。フィンランドのテスラ「モデルS」のタクシーがたった3年間で走行距離400,000kmを走破、十分元をとった?

フィンランドにて、テスラ「モデルS」を仕事用として使用していたタクシードライバが、たった3年間で40万kmを走破し、更にはこの3年間で一度も大きなトラブルが無かったとのこと。
この個体を所有するヘルシンジン・サノマート氏は、40万kmを走破してきた中で最も高価な修理としては電池を一度だけ交換したとのことで、それ以外の部品修理や交換は行っておらず、今現在も順調に走行しているとのこと。

なお、これだけ走破した「モデルS」について、テスラのJuhaPyrhonen教授は、「電気モータの耐久性は、内燃機関とは全く異なり、少なくとも(一定速で)100,000時間は回転する。これを走行距離に換算すると1,000万kmになるため、今回の例は非常に参考になるデータであった」とし、更なる電気モータの開発に意欲を見せた模様。

スポンサーリンク

ちなみに、私も今現在レクサス「CT200h F SPORT」を所有しており、年間約6万kmペース(5,000km/月)で走行していますが、これを3年で換算すると約18万kmになるため、十分すぎるほどに過走行と言えますが、今回の例だと3年間で40万kmということは、年間約13.3…万km(1.1万km/月)走行するわけですから、”移動をメインとしたお仕事”ではない限りこの数字をたたき出すのは相当に難しいと思いますね。

なお、私の「CT200h F SPORT」も納車して2年5か月が経過し、約15万走破しましたが、トラブル関係はナビゲーション画面が一瞬だけ消えて再度点灯したぐらいで、それ以外の劣化やパーツ交換は一切しておらず、今現在も問題なく走行できています(おまけにエンジンオイルや定期メンテナンス費用は全て0円(レクサスの車両本体価格に含まれる)なので、ガソリン代以外のランニングコストはほぼ負担無し)。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう