韓国・起亜が新たなコンセプトモデル「Cee’d」をプレビュー。メルセデス「CLS」、ポルシェ「パナメーラ」を意識?

韓国の自動車メーカである起亜のデザイナーが、来月開催予定となっているフランクフルトモーターショー2017に向けて、最新コンセプトモデル「Cee’d(シード?)」を発表する可能性が高いとのこと。
この個体は、起亜の新たなスタイリングともいえるシューティングブレークモデルで、通常のハッチバックよりも長く、かつ無駄な部分を削ぎ落としたスポーツモデルともいえそうですね。
具体的な競合モデルは明らかにしていませんが、恐らくメルセデスベンツ「CLS」やポルシェ「パナメーラ・シューティングブレーク」といった同じボディタイプのモデルを意識しているのではないかと考えています。

スポンサーリンク

これまで明らかにされなかった「Cee’d」ですが、今回のプレスリリースに近いティーザー画像の公開により、短いオーバーハング、流線形を描くルーフ、大きなホイールアーチ、リヤライトストリップ、サイドミラーレス、フレームレスのサイドウィンドウ等、最大限のセクシーさを表現した個体であり起亜の本気度が伺える一台でもあります。

なお、このコンセプトモデルについて起亜は「Cee’dは、起亜の新しいボディタイプとして、現在のPro_Ceeモデルの走行性能を保ちながら、誰も見とれる美しさとセクシーさを兼ね備えたヴィジュアルを持ち、そしてドライバが感動するような自信のある一台」とコメント。
ただ、現時点では確実に起亜がフランクフルトモーターショー2017に出展するかどうかも不明とのことで、このティーザー画像はイメージのままで終了する恐れもありますが、まずは今後どのようにアクションを起こしていくのか(新たにティーザー画像を公開するのか)気になるところですね。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう