世界一のスピード違反者知ってる?日本人で違反速度は驚異の317km/h【動画有】

2017-09-12

今現在でも世界に名を残す永田和彦氏。
通称「スモーキー永田」と呼ばれ、彼は自動車整備「TOP SECRET」の経営者でありながらも、世界一の速度違反の記録を持つ有名な人物でもあります。

彼は、1997年にイギリスのMロード(高速道路)にて、どこまで速度を伸ばすことができるのかに挑戦。制限速度70マイル(約113km/h)に対して、時速317km/hというとんでもないスピードにて走行したわけですが、この日はあまりにもタイミングが悪く、後続のパトカーから取締を受け、205km/hの速度超過にて逮捕、更には世界一の速度超過記録として世に知れ渡りました。

スポンサーリンク

当時、スモーキー永田氏が乗っていた個体は、トヨタ「スープラ」。日産「GT-R」のエンジンを搭載し、最高出力は約800psを発揮。
スモーキー永田氏は、後輪を空転させることでタイヤスモークを発煙させるバーンアウトを得意としており、国内の首都高の料金所毎に必ずバーンアウトしていたことから、なぜか「スモーキー」というニックネームがついたわけですが、今回の挑戦においてもしっかりとバーンアウトを実施していますね。

Mロードでは、「スープラ」の力を最大限に発揮し、一歩間違えれば即死レベルのスピードに達するも、ポリスカーに捕まり、翌日のデイリー・ミラー紙ではデカデカと記事として挙げられていますね。
ちなみに、彼は3日間の拘留の後、釈放され帰国したわけですが、日本の新聞各社は「ここまで大きな犯罪を犯したにも関わらず、なぜ3日後に帰国させたのか」と大騒ぎしていましたね。
しかしながら、イギリスでは彼のような速度違反者がMロード上を爆走した英雄のように扱っていたため、日本以外のオーストラリアやニュージーランドでは、彼はカルト的な存在であったとのこと。

以下は、当時の速度違反記録の瞬間を放送していた番組となりますが、現代のバラエティー番組ではまず有り得ない内容となっており、昔の放送はある意味何でもありの内容だったように記憶しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう