メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」のリヤデザインが公開。大口径のセンターパイプはまさに野心的なハイパーカー

先日、メルセデスベンツAMGから登場するハイパーカー「プロジェクト・ワン(Project One)」の室内画像がリークしましたが、今回は大胆にもリヤデザインのティーザー画像が公開されています。
明後日より開催予定となっているフランクフルトモーターショー2017にて登場を控える「プロジェクト・ワン」ですが、今回のティーザー画像により、リヤデザインが完全公開していますが、「この個体は、AMGが今までに計画してきたパフォーマンスとスポーツモデルの中で最も野心的なモデル」であるとのことで、50周年を祝うモデルとしては十分なスペックを持つ一台になるとのこと。

スポンサーリンク

なお、ティーザー画像からは、カーボンファイバ製のルーフスクープと、まるで大砲のような大口径のセンターエキゾーストパイプ、かなりワイドなリヤフェンダーと細長いLEDテールライトを確認することができ、まさに公道走行を実現した「F1」のようなスタイリングとなっていますね。

なお、この個体のパワートレインは、これまで公開してきた情報通り、メルセデスのW08 EQパワー+F1にて使用される排気量1.6L V型6気筒ロード・アダプテッド・バージョンが使用されるとのことで、MGU-K及びMGU-Hモーター・ジェネレータ・ユニットも装備。
車体重量は1,300kgで、最高出力1,020psを発揮し、ブガッティ「シロン」の最高出力と重量比とのバランス面のスペックにおいて勝っているとのこと。

ちなみに、内燃機関においては、AMGのヘッドであるトビアス・モアース氏によると、4つの電動モータを搭載(前後輪各1台、クランクシャフト1台、エンジンターボチャージャー1台)しており、最高時速は350km/h、最大11,000rpmまで回転することが可能とのことです。

生産台数は世界限定275台のみで、全て完売済み。
AMGの情報曰く、1日に1台のみ生産することが可能で、2020年後半までには275台全てを納車することを計画。

また、今回開催されるフランクフルトモーターショー2017では、「プロジェクト・ワン」以外にもEVモデルとなる「コンセプトEQ A」や「Sクラスクーペ&カブリオレ」のフェイスリフトモデル等多数のモデルが登場するため、かなりの注目が集まりそうですね。

関連記事:メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」の画像がリーク。デタッチャブル式のステアリング?

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう