Powered By 画RSS

日本メーカ >日産/インフィニティ

リバティーウォークが新たに2台の日産「GT-R」をカスタム。見た目重視の変態仕様

日本を代表する過激チューナーのリバティーウォーク(LB Performance)は、先日世界で初めてランボルギーニの限定モデル「アヴェンタドールSV」を過激カスタムしていることを報告しましたが、今回は新たに日産のスーパースポーツ「GT-R」を2台カスタム。
何れもリバティーウォークが提供する最新パッケージ(ボディキット)で、パワーはそのままに外観だけを見事変形させた変態カスタムとなっています。

関連記事:ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」を遂にリバティウォーク(LB)仕様。過激なオバフェンにブルーのホイールが強烈

スポンサーリンク

例えば一つ目のボディキットは、マットホワイトのボディカラーに、LBの代名詞でもある外付けリベット留めのオーバーフェンダー、大型のリヤウィングを装着し、こちらも定番の"LB Performance"ロゴを貼付。
特にオーバーフェンダー装着領域は、車体のスタイリングに併せて大きく変化しますが、「GT-R」の場合であれば、フロント部はフラットな領域が広く、ドアパネルに向けてフェンダーラインが鋭角になります。
加えてリヤも、フロントの装着領域に併せてデザインする必要があるため、必然的に以下のように広範囲で装着する必要があるのですね。

LBの最近のデザインは、"サビ風"も含まれており、元々のコンセプトにある"暴走族"といった一昔前の流行を彷彿させるカスタムでもあるため、こういった新たな特徴を持たせることは中々にグッド。

リヤスポイラーやディフューザーも中々に際どいところまで攻めていますね。
基本的にはFRPやCFRP製のパーツを提供しているため、軽量化には相当な力も入れています。

2台目は"Valenti"というカスタムキットですね。
コチラは先ほどのカスタムは少し異なっていて、特にリヤウィングの形状が変化しています。
リヤディフューザーも異なりますが、若干こちらのほうが路面とのクリアランスを多めにとっているような気がします。

見た目はやはりドギつい暴走族風ですが、オーバーフェンダーをアーチモール風に丸みを帯びさせ、シンプルなカスタムにまとめ上げています。

ちなみに、前者のマットホワイト・カスタムボディキットは約165万円、後者のレッド・カスタムボディキットは約186万円からとなっていますね。

Reference:CARSCOOPS

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >日産/インフィニティ
-, , ,