トヨタ「86」&メルセデスベンツAMG「GT」を合体+リバティーウォーク仕様のカオス・レンダリングが公開に

過去これまで、フェラーリやランボルギーニ、トヨタやマクラーレンといった様々なメーカ車両を合体させてレンダリングが公開されてきましたが、今回は新たにトヨタ「86」のフロントフェイスにメルセデスベンツAMG「GT」をドッキングさせたレンダリング画像が公開されました。

今回レンダリングを担当したのは、デジタルアーティストのWinningDesigns氏で、「国産スポーツモデルに欧州スポーツモデルをドッキングすることでどういったデザインへと変貌を遂げるのか?」ということで試されたのが上のレンダリング画像。
基本的なスタイリングは確かにトヨタ「86」(ないしはスバル「BRZ」)ですが、フロントエンドにAMG「GT」をリプレイスすると、”いずれにも捉えることのできる”ちょっと不思議な感覚になりますね。

スポンサーリンク

ちなみに、このドッキングに加えてなぜかリバティーウォークからインスパイアされたボディキットとブーツマウントウィング、各種デカール、そしてド派手なキャンバー角付の大口径ホイールと完全VIPスタイルで攻めてきましたが、この組合わせともなると、色々と混ざり過ぎて、ちょっと方向性に迷いがあるように思えますね。

なお、パワートレインはAMG製の排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンをスワップし、最高出力585ps、最大トルク700Nmを発揮する完全なるAMG「GT」仕様となっていますね。

関連記事:【まとめ】「○○」と「○○」を合体したら?というレンダリング画像を一挙に公開

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう