恐れていたことが…完売したイタルデザイン「ZeroUno(ゼロウノ)」が新車価格より2倍の3.6億円にて販売中

今年3月にスイス・ジュネーブモーターショー2017にて発表されたばかりのイタルデザインが販売した世界限定5台の超希少モデル「ZeroUno(ゼロウノ)」が、まさかの中古車市場にて販売中。
この個体は、ドイツのGrandex Autohaus経由にてジェームズエディションにて現在販売されており、ロットとして5台中2台目に生産された個体となります。

ちなみに新車販売価格は約1.8億円と非常に高額でしたが、今回の中古車市場価格は新車価格の約2倍となる3.6億円にて販売されています(正直、転売されることは十分考えられていましたが、ここまで速く転売されるとは想像もしていませんでした)。

スポンサーリンク

今回、中古車市場に登場した「ZeroUno」は、ラッドをベースとしたブラックとのツートンカラーとなっており、ディテールのアクセントにはホワイトカラーにてペインティング。

リヤデザインも何とも攻撃的で、リヤディフューザはカーボンファイバパーツを装着し、マフラは中央4本出し。ディテール部にはしっかりとホワイトのアクセントが加えられていますね。

インテリアにおいても、ボディカラーと同様にブラックとレッドのツートンに組み合わせることで、全体を統一。
一瞬派手にも思えましたが、細かく見ていくと、意外とシンプルなカラーリングですね。

「ZeroUno(ゼロ・ウーノ)」は、完全オリジナルのボディワークを持ち、エンジンはランボルギーニ「ウラカン」やアウディ「R8」と同様の排気量5.2L V型10気筒エンジンを搭載し、最高出力610psを発揮します。
なお、この個体は、イタルデザイン・オートモビリのスペチアーレ部門最初の製品であり、有名デザイナーであるGiorgetto Giugiaro氏とフォルクスワーゲングループが共同で開発したモデルとなっています。

【関連記事】
イタルデザイン「ZeroUno(ゼロ・ウーノ)」が売り切れ。ロードスターも販売するかも?
イタルデザイン「ZeroUno」が年内納車に向けて加速中。公道にて見かける可能性もありそうだ【動画有】
イタルデザインの出展車名は「ZeroUno」。遂にジュネーブ2017に登場【動画有】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう