トヨタ「CH-Rハイパワーコンセプト」が遂に公開。オレンジカラーのアクセントにて迫力を倍増

以前、トヨタがコンパクトクロスオーバー「CH-R」の新型コンセプトモデルとなる「CH-Rハイパワーコンセプト」を発表する、という記事を公開しましたが、今回その個体が世界初公開されました。
この個体は、ブランドの欧州デザイナーによって開発されたコンセプトモデルで「CH-Rのエモーショナルでパワフルな外観を強調しつつも、トヨタのハイブリッドパワートレインを更にハイパワーにする」ことが開発意図。

現状の「CH-R」は、「プリウス」と同様となる排気量1.8L 直列4気筒ガソリン+電気モータのハイブリッドパワートレインを搭載し、システム総出力120psを発揮しますが、今回その詳細となるパワートレインは公開されていないものの、それ以上に更にチューンアップした個体の詳細は2018年初め頃に明らかになるとのことです。

スポンサーリンク

今回公開している「CH-Rハイパワーコンセプト」は、名前が示す通りハイブリッドパワートレインの向上だけでなく、外観においても個性的且つ迫力あるデザインに変更していますね。

今回のデザインの特徴としては、フロントのリップスポイラーやアーチトリムをハイグロスブラックに仕上げ、ヘッドライトやウィンドウフレーム、Aピラー、ルーフ(ダイヤモンドカット)、サイドミラー等を独特な「バーニング・オレンジ」のデザインにてまとめあげています。

フロントロアグリルにもオレンジの細かなアクセントが加えられ、若干量産性を無視したデザインとなっていますね。

足回りについては、20インチのダーククロム調アルミホイールを装着し、コンパクトクロスオーバーらしからぬ迫力ある外観へと一新。

インテリアにおいても、ブラックを基調としたレザーシートに、オレンジカラーのステッチを縫合。
その他にも、ダッシュオードやドアカード、ヘッドレストにもオレンジのアクセントを加えることで、オシャレさとアグレッシブさを強調していますね。

関連記事:トヨタ「CH-R・ハイパワーコンセプト」がフランクフルトモーターショーにて発表?併せてランドクルーザーも

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう