フェラーリ「FXX K」の後継モデル「エヴォルツォーネ」?謎の開発車両がテスト走行中【動画有】

フェラーリのトラック(レーシング)モデルとなる「FXX K」の後継モデル「エヴォルツォーネ」と思わしき開発車両をイタリア・モンツァサーキット場にて捕捉。
「エヴォルツォーネ」は、「ラ・フェラーリ」をベースにした高性能サーキット専用モデルとなる「FXX K」を”更に”強化したモデルになると言われています。

過去に「エンツォ・フェラーリ」ベースの「FXX」や、「599」ベースの「599XX」にも設定された特別強化モデル「エヴォルツォーネ」と同様の個体になると推測されますが、今回捕捉されている開発車両は(未だ正式な発表がされていないにも関わらず)既に完売状態で、基本的には「FXX K」オーナーを対象に販売が行われた個体となっています。

スポンサーリンク

捕捉された開発車両を見ていくと、全体的にはやはり厚めのカモフラージュが施されており、リヤデザインはかなり複雑な形状になっていることが確認できますね。
特に、巨大なダクトとディフューザーの作りはかなり複雑な構造になっていますが、デザイン的にはやはり「ラ・フェラーリ」がベース。
固定式リヤスポイラーとF1スタイルのシャークフィン、エアロパッケージは「FXX K」と同様と思われます。

そして、気になるパワートレインについては、未だ確定的なものはないものの、以前から噂されている通り、排気量6.3L(又は6.5L?)V型12気筒自然吸気エンジン+HY-KERS(運転エネルギー回生システム)を搭載し、最高出力は1,000psを超えてくる可能性が高いとのことです。

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう