ランボルギーニ「ウルス」は12月4日に正式デビュー。併せてティーザー動画も公開に【動画有】

ランボルギーニのSUVモデルとなる「ウルス」(「LM002」以来のSUV)が、遂に12月4日正式デビューすることが判明。
ランボルギーニR&Dの最高責任者であるMaurizio Reggian氏は「ウルスはブランド初のプラグインハイブリッドを搭載し、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載する。」とコメントし、改めてランボルギーニとしては新たな挑戦となるダウンサイジング+ハイブリッドという組合せが誕生することとなります。

スポンサーリンク

ちなみに、プラットフォームはアウディ「Q7」やポルシェ「カエイン」、ベントレー「ベンテイガ」と共用、駆動方式は基本的に四輪駆動(AWD)のみ、車両本体価格は約2,500万円前後という情報も有り、これは、エントリーモデル「ウラカンRWD・クーペ」25,350,840円に近い価格となりそうですね。

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう