Powered By 画RSS

韓国メーカ >現代自動車

ジェネシスの新型「G70」が遂に公開。ドイツ御三家のコンパクトスポーツセダンに食らいつく

韓国・現代自動車の上位ブランドであるジェネシスが、以前から噂されていたコンパクトスポーツセダン「G70」を世界初公開しました。
この個体は、ドイツ御三家であるメルセデスベンツやアウディ、BMWのコンパクトスポーツセダンモデルを強豪として開発。
つまりは、ドイツ車両よりも上を目指した、ジェネシスの自信作でもあるわけですね。

スポンサーリンク

今回ジェネシスが発表した「G70」は、排気量3.3L V型6気筒ツインターボモデルと、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジン、そして排気量2.2L インライン4気筒ディーゼルエンジンを搭載した3グレードをラインナップするとのこと。
その中でも、V型6気筒ツインターボモデルは、起亜「スティンガー」と同じユニットを使用しており、「G70」は性能重視で最高出力370ps、最大トルク510Nmを発揮するとのこと。

一方の直列4気筒ターボエンジンは、最高出力258ps、最大トルク352Nmを発揮し、最後のディーゼルモデルは最高出力204ps、最大トルク440Nmを発揮するとのこと。

駆動方式は四輪駆動(AWD)モデルを準備しており、0-100km/hの加速時間はV6ツインターボモデルであれば4.7秒という驚異的な加速力を発揮します。
加えて、後輪駆動(FR)もラインナップする可能性があるとのことですが、こちらの方は後発にて登場する可能性もありそうですね。

「G70」のサイズ感については、全長4,685mm×全幅1,850mm×全高1,400mm、ホイールベース2,835mmと、こちらも起亜「スティンガー」と同じプラットフォームを共有。

安全機能についても大きく向上しており、前方衝突回避アシストやハイウェイ運転支援、標識認識警告等が標準装備さら、事故ゼロに向けての機能性も強化。
なお、デザイン性については、以前から大きな噂となっていたマツダ「アクセラ」風の表情ではなく、ジェネシスらしさを強調させた高級感且つスポーティなデザインを採用していますね。
特に、今回のような新型「G70」は、ジェネシスの新たなスタイルの方向性を示しており、「パフォーマンスを発揮するアスリートのような美しさと緊張感を兼ね備えた一台」であるとのこと。

そのスタイリングの特徴には、短いフロントオーバーハングやシルバーのアルミホイール、LEDテールライト、楕円形のデュアルテールパイプを採用。

ボディカラーは「プラチナムシルバー」「カーボンメタルマーブルホワイト」「チタンブラック」「レーシンググレー」「グレースフルグレー」「ラピスブルー」「ロイヤルブルー」「ブレイジングレッド」「ウンバーブラウン」の10種類をラインナップする模様。

インテリアについては、ミラーリンクやApple CarPlay、Android Autoをサポートする8インチタッチスクリーンを標準装備。更には15スピーカのLexiconサラウンドシステムをオプションにて準備されています。
その他にはアルミニウムドアハンドルやキルティングレザードアパネル、メタルスピーカーグリル、ソフトタッチサーフェス等豪華な装備も充実。

ジェネシス「G70」は、まずは北米・ロシア・中東向けに2018年初めに発表する予定となっていますが、アメリカの顧客には12月のLAオートショーにて先行で公開する予定となっています。

【関連記事】
噂のマツダ似・ジェネシス「G70」の開発車両を捕捉。カモフラージュ一切無しでナンバーには「G70」と丸裸
マツダのアレに似ていると噂のジェネシス「G70」が遂に9月15日に発表。気になるスペックは?
韓国ジェネシスの2018年モデル「G70」の予想イメージが公開。完全にマツダデザインだ
ジェネシスが過激な2ドアクーペ「GT70」を商標登録。その他にも10年以内に4モデルを販売へ

Reference:CARSCOOPS

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-韓国メーカ, >現代自動車
-,