世界でたった1台。リバティーウォーク(LB)仕様のランボルギーニ「アヴェンタドールSV」が遂に完成

以前、日本を代表する過激チューナーのリバティーウォーク(LB Performance)が、ランボルギーニ初の限定モデル「アヴェンタドールSV・クーペ」をオバフェン仕様に過激カスタム中、であることを記事にて公開しましたが、今回その過激カスタムモデルが遂に完成したとのこと。

スポンサーリンク

今回、過激カスタムした個体のボディカラーは、かなりシンプルなビアンコ・アイシス(バルーン・ホワイト?)と思われますが、それに合わせてボディカラーと同色の外付けリベット留めとなるオーバーフェンダーが装着され、ノーマルでも十分に過激な「アヴェンタドールSV」を更に族車風にまとめ上げていますね。

細かくパーツを見ていくと、「アヴェンタドールSV」の特徴でもあるツートンを強調したロアバンパーのマットカーボンはそのままに、全体のスタイリングを崩さず、カーボンカナードを装着するためFr&Sフェンダーを大胆にもカットし、ワークス・フェンダーをインストールするところはまさしく変態仕様。

この角度から見るオーバーフェンダーは正しく芸術的。
元々「アヴェンタドールSV」は複雑な造形をしているため、意外にも外付けリベット留めのオーバーフェンダーの方が応用性は利くのかもしれないですね。

個人的に「思い切ったなぁ」と感じたのはこのリヤフェンダー部。
元々この「アヴェンタドールSV」には、リヤオーバーフェンダーを装着することを想定していたからか”ビッグSVロゴ”ステッカーを貼付せず、サイドアンダー部に”スモールSVロゴ”ステッカーを貼付することで、オーバーフェンダーを装着しても目視できるように考慮していたと思い込んでいましたが、実際はそうではなく、敢えて”スモールSVロゴ”ステッカーを剥がしてまで、リヤオーバーフェンダーを大胆に装着したところは、まさしく男の中の男ですね。

リヤデザインはほぼほぼ純正かと思いきや、ちゃっかりとマフラがパワクラ仕様に変更されていますね。
これにより、マフラのエキゾーストサウンドが野太くデシベル値としては100db近く(ガードレール下の騒音に相当)までに達します。

そして足回りは何とも過激なキャンディブルーアルマイト仕上げのスカイフォージド S217ホイール。
フロント20インチ、リヤ21インチの異リム形状はもはやデフォルトですね。
おまけにセンターロック式というのも中々に過激です。
車高もしっかりとローダウンしており、ホイールとフェンダーとのツラもしっかりと調整済み。

カスタムパーツだけで約300万円になると思われますが、工賃も含めると更に高額になることは確実ですね。
世界にたった1台しか存在しないリバティーウォーク仕様のランボルギーニ「アヴェンタドールSV・クーペ」。
他を寄せ付けない圧倒的な存在感と”ワル”さが際立っています。

関連記事:ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」を遂にリバティウォーク(LB)仕様。過激なオバフェンにブルーのホイールが強烈

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう