ブガッティ「シロン」が0-400km/hを32.6秒で走る動画。そもそもどうやって撮影していた?【動画有】

先日、当ブログにてご紹介したブガッティ「シロン」が、驚異的な加速力を見せつけるイメージ動画を公開し、0-400km/hに到達するまでの時間が僅か32.6秒と驚異的な数値をたたき出したわけですが、この動画を見て「そもそも、このブラックの「シロン」と同じスピードで走ってる撮影車両が気になる」という人も多いはず。
※記録よりも撮影車両に注目が走っているのが以下の動画【0-400km/h(249mph)in 32.6 seconds #Chiron】

スポンサーリンク

ちなみに、ブラックの「シロン」を撮影していたのは、(恐らく気が付いている方も多いとは思いますが)左手前側に居るホワイトのブガッティ「シロン」ですね。

本来であれば、飛行操縦機や無人撮影機によって「0-400km/h」の加速力を撮影する計画があったのですが、間近で撮影することによる臨場感と「シロン」の加速力を「シロン」で撮影するというユーモラスさが採用されて、以下の形に撮影がスタートしたと言われています。

【関連記事】
W16気筒恐るべし。ブガッティ「シロン」は時速400km/hをたった32.6秒にて到達する模様【動画有】
加速力だけでなくブレーキングも最強。ブガッティ「シロン」の0-400-0km/hは僅か42秒
ブガッティ「シロン」が今のタイヤでは時速480km/hでの走行不可。更なる開発が必要に

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう