レクサス全国オフ2017 in ラグーナ蒲郡に行ってきた。レクサス・車好きが集う熱き居場所だった件

昨日9月23日(土)、愛知県蒲郡市にて開催した第4回レクサス全国オフ2017・LEXUS owner’s meeting 2017 LAGUNAに行ってきました。
天候は、太陽が差すことなく、適度涼しさの下で行われ、終始穏やかで充実したオフ会でした。
参加車両は総数150台と非常に多く圧巻でしたね(昨年は180台)。
一通り全ての車両を撮影をした後は、車両を出展しているレクサスオーナーさんや出展されなかったレクサスオーナーさんとお話しする機会がありましたが、皆さん本当にレクサスが大好きで、レクサスかける想いが強く伝わってきました。

本会場での参加車両はコチラにまとめております。

スポンサーリンク

中には、当ブログ「Creative Trend」の読者さんもいらっしゃって、話しかけていただいた方も多く、終始レクサス・車に関する話で持ちきりでした。
お話しかけていただいたオーナー様には心より感謝申し上げます。

会場は見渡す限りレクサス車両ばかり(当たり前ですが…)。
日本にこれだけレクサスという車が浸透し、また走りを楽しむオーナーさんがこれだけ多数いらっしゃることに喜びを感じたわけですが、こういったイベントにおいては、とにかくカスタムした車両が多かったですね。

中にはサンプルホイールを持ち込みながら、自身の履いているホイールを熱く語る猛者も登場。
足回りには並々ならぬ想いがあるのだと思います。私自身もこちらのオーナーさんの話を聞いていて、ホイールの手入れの仕方、美しい見せ方など非常に勉強になることばかりでした。

一般駐車場にも多数のレクサス車両が駐車していました。
ヒートブルーコントラストレイヤリングの「GSF」ですね。
こちらのオーナーさんは、鹿児島から来られたということです。
今回出展された台数は150台であるにも関わらず、募集開始した1日目には定員オーバーという大盛況っぷり。
キャンセル待ちが多数あったみたいですが、それでも参加できなかった方も大勢いらっしゃったみたいですね。

中にはこんな珍しい車両も鎮座。
「LC500」ですね。
ボディカラーはブラック、内装はダークローズのアルカンターラという過激な組合わせ。
こちらの車両は一昨日納車したばかりの完全なる新車。
しかも、この個体以外にも「LFA」を2台所有し(その内の1台はニュルブルクリンクパッケージ)、過去にはフェラーリ「488GTB」も所有していたとんでもないオーナーさんです。

中にはこういった過激カスタムを施すオーナーさんも登場。
最新「GS」を車高短仕様にカスタムする男の中の男。
フェンダーのアーチモールとホイールリムとのクリアランスは中々のものがありますね。

今回のイベントにおいて、私はイベントに参加できなかったものの、それでも温かく迎えてくださったイベント主催者さん、レクサスオーナーさん、読者の皆さんには心から感謝です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう