16気筒エンジンを搭載した車たち9選。ぶっ飛んだスペックとサウンドはまさに異次元【動画有】

恐らく世界で圧倒的なパワーを持つであろう16気筒エンジンを搭載したスーパーカー達(9選)の動画が公開に。
16気筒エンジンを搭載した車がそもそもどれだけ誕生しているのか、ザッと思いつくだけでも中東が生み出したデヴェル「シックスティーン」やブガッティ「シロン」「ヴェイロン」といったところですが、本動画では9台も登場していることに驚き。
中にはモックアップやレーシングモデル等も登場していますが、いずれも16気筒エンジンならではの過激なサウンドを響かせていますね。

スポンサーリンク

そんな中でも一発目に登場するのが中東が生み出したトンデモハイパーカー・デヴェル「シックスティーン(Devel Sixteen)」
排気量12.3L V型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力5,070ps、0-100km/hの加速時間は1.8秒、最高時速563km/hと、もはや車の域を超えたハイパーカーですね。
本動画では、実際に走行しているシーンや空ぶかしサウンドを響かせるシーンを公開していますが、まるで地響きのようなサウンドで、目の前で聞いたら鼓膜が破れてしまうのでは?と思う程に過激ですね。

続いてはアメリカの自動車メーカ・キャデラック「シックスティーン(Cadillac Sixteen)」。
排気量13.6L V型16気筒エンジンを搭載し、最高出力1,013ps、最大トルク1,355Nmを発揮するスーパー顔負けのラグジュアリーモデルですね。
ちなみに、この個体は世界で一台しか存在しない超希少モデルで、エンジンフードはガルウィング式の開帳型、おまけにエンジンは環境に応じて4気筒~16気筒の間で調整する画期的なものとなっています。

続いてはブリティッシュ・レーシング・モータース「V16(BRM V16)」
排気量は意外にも小さい1.5L V型16気筒エンジンを搭載し、最高出力557psを発揮。しかもエンジン回転数は12,000rpmという超高回転型モデルとなりますね。
この「V16」はBRMの処女作となるモデルで、航空用エンジンから発想を得たスーパーチャージャー付V16エンジンを搭載していますが、あまりにも開発が難航してしまい、1950年代のF1世界選手の開幕に間に合わず、デモ走行でしか活用されなかった幻のモデルとなります。

続いては、フランスのハイパーカーメーカであるブガッティ「ヴェイロン」
ある意味16気筒エンジンの有名モデルなわけですが、9選の中ではちょっとインパクトに欠けるところが不思議ですね。
パワートレインは、排気量8.0L W16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,001ps、最大トルク1,250Nmを発揮。
ちなみに、「ヴェイロン」という名前の由来は、ブガッティが誇るレーシングドライバー兼エンジニアであったピエール・ヴェイロン氏の名から採用されていますね。

続いては、イタリアの自動車メーカ・チゼータ・モロダー「V16T」
パワートレインは、排気量6.0L V型16気筒エンジンを搭載し、最高出力560ps、最大トルク540Nmを発揮。0-100km/hの加速時間は4.4秒、最高時速は328km/h。

車名の”V16″は、そのままエンジンからの由来となりますが、”T”はエンジンをミッドシップに横置きでレイアウトしていて、このエンジンと縦置きのトランスミッションを組合せると「T」字型になることから、それが由来になったと言われています。

ちなみに、エンジンは、ランボルギーニ出身のスタッフが含まれていたこともあって、スペックも酷似していることからランボルギーニ「ウラッコ」に搭載されていた3.0LV型のV型8気筒エンジン2基を改良し合体させたものと噂されたこともありましたね(実際は無関係であることも確認済み)。

続いては、マーモン「シックスティーン(Marmon Sixteen)」
パワートレインは排気量8.03L V型16気筒エンジンを搭載し、最高出力202psを発揮。
当時、キャデラックが発表した「V16」に続くモデルとして開発がすすめられた「シックスティーン」ですが、とにかくキャデラックよりも大きく、且つ車高の低いモデルを作りたいという想いから作られたモックアップモデル。
車名もキャデラック「V16」とカブることが嫌で「シックスティーン」という名が付けられ、相当にキャデラックに対する負の感情があるのかは不明ですが、対抗意識は相当に強かった模様。

続いては、ブガッティ「シロン」
上述にもある「ヴェイロン」の後継モデルで、パワートレインは排気量8.0L W16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,500ps、最大トルク1,600Nmを発揮。
世界限定500台販売され、日本には約30台分の割り振りがあるのだとか。
ちなみに、「シロン」という車名の由来は、「ヴェイロン」と同様にかつてブガッティに乗り活躍したレーシング・ドライバーのルイ・シロン(Louis Chiron)氏から採用されていますね。

続いては、アウトウニオン・レーシングカーの「タイプC」
基本的にはレース用にしか製造されないモデルで、これまで「タイプA/B/C/D」を製造してきましたが、その中でも16気筒エンジンを搭載したのは「タイプA/B/C」で、「タイプD」はなぜかダウンサイジングのV12を搭載。
「タイプC」のパワートレインは、排気量6.0L V型16気筒エンジンを搭載し、最高出力527ps、最大トルク850Nmを発揮。

最後は、その存在すらも知らなかったマセラティ「V4」
実は、マセラティの名前を世界に広めた有名な車両(1929年2月に「V4」が246.029km/hの世界スピード記録を樹立)であるとのことで、我ながらこの個体を知らなかったのはとても恥ずかしいところ。
パワートレインは、排気量4.0L V型16気筒エンジンを搭載し、最高出力283psを発揮。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう