840馬力に改造したマクラーレン「650S」と純正720馬力の「720S」がドラッグレース→「720S」が圧勝【動画有】

最高出力650ps→840psまで改造したマクラーレン「650S(左のキャンディーレッド)」とオール純正で最高出力720psを発揮する「720S(右のオレンジ)」がドラッグレースする動画。

「650S」は元々、排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650psを発揮するスーパーシリーズ。そこに、Akrapovicのエキゾーストシステムと進化したETV825パック(約50万円)を含むハードウェアアップグレードにより約190psのチューンアップに成功。
おまけにホイールも社外品のカスタムモデルとなりますが、あまり走行性能に大きな影響は無さそうですね。

スポンサーリンク

それに対抗する「720S」は、「650S」の後継モデルとして登場し、パワートレインは新型となる排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720psを発揮。車体重量は1,283kgと「650S」よりも47kgもの軽量化に成功。

しかしながら、それでも加速性能については「650S」が一枚も二枚も上手に見えるように思えますが、3戦中「720S」が3勝するというあっけない結果に。
この理由としては、過去に「720S」がシャシ台での出力テストを行った際、実際には720psではなく800ps相当のパワーを発揮することが確認できていたため、その影響もあってかトータル的に「720S」が上手であったのではないかと推測しています。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう