ポルシェが快挙。「911GT2RS」がニュルブルクリンクでの記録6分47.30秒で最速記録樹立【動画有】

以前、ポルシェの新型「911GT2RS」が、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにてテスト走行を行ったところ、ラップタイムが6分48.75秒というとんでもない記録を生み出した、という記事を紹介しましたが、今回ポルシェから正式にラップタイムが6分47.30秒を記録し、市販車最速となるランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」の6分52.01秒を上回ったことが確認されました。

スポンサーリンク

この時点で、ポルシェ「911GT2RS」が、世界限定モデルとなる中国のEVハイパーカー・NIO「EP9」に次いで(1.4秒遅い)2番目に速い個体となりました。

ちなみに、今回のラップタイムにおいては、ラース・カーン氏とニック・タンディー氏にそれぞれドライバを依頼。
いずれもポルシェ「918スパイダー」の記録を10秒以上も上回る結果となり、それだけ「911GT2RS」の加速性能と走行性能がずば抜けていることが証明されました。
なお、今回走行する上での路面状況は「理想的」であったとし、その際に履いていたタイヤは合法的なミシュラン製のパイロットカップ2タイヤであることが確認されています。

関連記事:マジ?ポルシェ「911GT2RS」がニュルブルクリンクにて「ウラカン・ペルフォルマンテ」の記録を更新【動画有】

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう