アストンマーティンがロータス・エスプリをベースにした潜水艦を公開、おまけに「ヴァルカン」よりも高額

アストンマーティンが、突如としてハイパフォーマンスな潜水艦「Project Neptune」を発表。
この個体は、映画「007/私を愛したスパイ」の撮影にて使用された、潜水艦にトランスフォームするロータス「エスプリ」からインスピレーションを得た個体となっていて、実際にアメリカ・フロリダを拠点とするトリトン・サブマリンと共同開発しながら水中での運転も実施済みであるとのこと。

スポンサーリンク

この潜水艦は、トリトン・サブマリンが足回りやシャシーをベース開発を進め、プラットフォームは1650/3ユーロプロファイル(LP)という3人乗り仕様を採用。
一方のアストンマーティンは、デザイン面をメインとして、プラスαでパワートレイン(基本的にはEV)も担当。この潜水艦は、水中に最大12時間潜水することが可能で、容量30kWhのバッテリーパックを搭載。
車体重量は約4,000kgとなっており、車内にはエアコンが完備という贅沢な室内空間。

ただ、最高速度としてはアストンマーティン史上最も遅い6.4km/hとなっており、これはかなりの欠点になっている模様。
なお、価格としては約2.3億円の「ヴァルカン」よりも高額な、約4億円にて販売する計画を立てているとのことですが、具体的にいつ頃販売されるかは未定となっています。

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう