夢のV12頂上バトル。フェラーリ「812スーパーファスト」vsランボルギーニ「アヴェンタドールS」、どっちが速い?【動画有】

これまで中々実現することの無かったフェラーリ「812スーパーファスト」とランボルギーニ「アヴェンタドールS」の最新V12モデルのドラッグレースバトルが公開に。
本動画では、再生して一発目にて上記2台のドラッグレースが行われるわけですが、これが意外にもあっけない結末と言いますか、一方が大きく突き放されてしまう結果にちょっと残念な気持ちになるかもしれません。

スポンサーリンク

ちなみに、各モデルのスペックを紹介していくと、フェラーリ「812スーパーファスト」は、「F12ベルリネッタ」の改良モデルとして登場し、パワートレインは排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン(フェラーリ最後のV型12気筒自然吸気)を搭載し、最高出力800ps、最大トルク705Nmを発揮。
0-100km/hはわずか2.9秒にて到達し、最高速度は340km/h以上となります。

対するランボルギーニ「アヴェンタドールS」のスペックとして、パワートレインは「812スーパーファスト」と同様の排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力740ps、最大トルク690Nmを発揮。
0-100km/hはわずか2.9秒(アヴェンタドールSVと同様)にて到達し、最高速度は3450km/h以上。

双方ともに数字だけを見てみると、フェラーリ「812スーパーファスト」が一枚上手ですが、このスペックに対してドライバのアクセル技術が重なった時、一体どのような結末になったのか?

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう