これ何?モナコにて、エキゾチックなハイパーカー・フランジ―ベント「アスファネ」が登場

モナコにて、何とも珍しくもエキゾチックなハイパーカーが目撃に。
車体のスタイリングを見るだけでも、路上を走行というよりも、宇宙を走り回るような近未来感を醸し出していますが、こちらはイタリアのハイパーカーメーカであるFVフランジーベント(FV-Frangivento)が生み出した「アスファネ(Asfane)」という個体(一瞬ランボルギーニのシングルシータ「エゴイスタ」に見えなくもない)。

「アスファネ」は、オールエレクトリック仕様となるいわば「EVハイパーカー」で、システム総出力は約900psというとんでもないパワーを発揮。
車体サイズとしては全長4,600mm×全幅2,050mm×全高1,150mm、オールアルミボディを採用し、一部にはカーボンも使用。

スポンサーリンク

ドア開閉はいかにも先進的なガルウィング・ドアとなっており、室内は2シータ仕様。
リヤは何とも割り切ったデザインとなっており、ガラスボンネット等が無いため、後方は完全なる死角となりますね(おまけにサイドミラーレス)。

マフラは片側3本出しとなる合計6本出し。
しかも、両サイドが小口径、センターが大口径という不思議な構成となっていますが、そもそもオールエレクトリックモデルに、どうしてこのようなマフラが装着されているかは不明で、恐らくダミーマフラなのではないかと推測。

改めてフロントデザインを確認してみると、フロントヘッドライトがありませんね。
もしかしたら、格納式のリトラクティブヘッドライトとして機能するのかもしれません(わずかに、ヘッドライトを格納しているかのような形が確認できる)

ちなみに、フランジ―ベントとは英語で「Wind brake~風よけ~」を意味しており、「アスファネ」はイタリア・トリノを中心とした地方であるピエモンテの方言でもある「出来ないよ!」という否定的な意味を持つとのことです。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう