スズキ・新型「ジムニー」の新たなデザイン画像がリーク。複数のボディカラーと細部のパーツも確認可能に

さて、以前から何かと話題になっているスズキの新型「ジムニー」ですが、今月末より開催予定の東京モーターショー2017にて展示予定となっており、その注目度は更に高くなりつつあります。
今回、新たなるデザイン画像がリークしていますが、以前のプレゼン画像よりも更に解像度が高くなり、細部に至るパーツの形状やデザインも確認することができますね。

スポンサーリンク

今回新たに登場するであろう「ジムニー」は、昔からのデザインを完全に一新するわけではなく、コンパクトなSUVというカテゴリをそのままに、フロントエンドとヘッドライトをスリム&フラットのシンプルにまとめ上げています(デザイン的にはメルセデスベンツの「Gクラス」ベイビー版)。
また、フロントグリル部にはメッシュ(網目)を採用しており、近年の国産・外車でも見受けられるスポーツ仕様にも近く、もしかすると走行性能においても飛躍的な向上(特に足回りのサスペンションやシャシー)が見られるかもしれません。

また、ボディカラーも多彩で、ベイビーブルーの他にもワインレッドカラーや深めのグリーン、そしてシンプルなメタリックシルバーも準備。
今回リークしているイメージデザインについては、全て同じホイールを装着していますが、オプションによってはダイナミックな大口径ホイールも準備している可能性も。

サイドからリヤにかけてのスタイリングにおいても、”ジムニーらしい”角ばったデザインをそのままとしており、ホイールアーチモールはもちろんのこと、ハイリフト仕様もキープしており、オフロード仕様のイメージを更に定着化させる画像ともいえます
ちなみに、リヤホイールカバーにある動物は「サイ」で、オランダではSAMURAI RHINO(サイ)というグレードで販売されていたほど(おまけに欧州ではRHINOクラブという会員制サイトがあるほどにジムニーを愛するユーザーが多い模様)。

【関連記事】
20年ぶりとなるスズキの新型「ジムニー」。まさに欧州オフロードモデルを彷彿させるスタイリング
2019年モデル・スズキ「ジムニー」のデザイン画像がリーク。レトロ且つシンプルな一台
スズキ・新型「ジムニー」の開発車両がテスト走行。前モデルよりも角ばった印象?

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう