Rowenが、トヨタ「CH-R」にレクサス「IS F」風クワッドエキゾーストのインストール&強烈カスタム【動画有】

スーパーカーやスポーツカー等を幅広くカスタムするチューナーのローウェンが、トヨタ「CH-R」のターボモデルを過激カスタム。
今回登場するトヨタ「CH-R」は、排気量1.2L 直列3気筒ターボエンジンモデルで、エキゾーストパイプのカスタムはもちろんのこと、下回りや足回り等あらゆるパーツをフル装備したスポーティ且つVIPな一台となっています。

特にリヤのクワッドエキゾーストパイプは、レクサスのFモデルとなる「IS F/RC F/GS F」にも」採用されているデザインに似ており、このデザインを見ただけで、とても排気量1.2L相当のエンジンを積んでいる個体には見えない程にスポーティですね(おまけに最高出力は控えめな116ps)。

スポンサーリンク

更にリヤを真後ろから確認してい見ると、そのダイナミックさは強烈で、4ピースタイプのリヤディフューザー・ブラックエディションとよりローに見せるリヤバンパーを装着することで、見事にクワッドエキゾーストパイプをフレーム内に溶け込ませたデザインへと仕上げていますね。
さり気なくスポイラーも装着。

サイドから確認していくと、サイドスカートによるローダウンはもちろんのこと、足回りについても専用サスペンションにより車高全体を5センチ以上はローダウン。
良い具合にタイヤとホイールハウスとの隙間をフラットにしていますね。
ちなみに、ホイールは純正ではなく社外モデル(メーカ不明)となりますが、恐らく20インチを着用。

フロントデザインもかなり攻め込んでいますね。
特にフロントバンパー下のスポイラー等を備えたエアロパーツは、凹凸を設けることで立体感を演出し、よりワイド&ローを意識したシルエットへと変化。ついでにロアバンパーにはLEDのデイタイムランニングライトが追加されています。
原型となる「CH-R」のスタイリングがわからなくなるほどに攻め込んだカスタムですね。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう