アウディ「R8 LMS GT4レースカー」が販売中。ハイパフォーマンスでありながら価格を抑えて約2,800万円也

今年5月末に開催した、ニュルブルクリンクサーキットでの24時間耐久レースにて登場した「R8 LMS GT4」がドイツ国内にて販売中。
このモデルは、アウディのマーケティング担当者曰く市販モデルとなる「R8 V10」をベースに約60%のコンポーネントを共有している”ロードカーに近いレーシングカー”であるのことで、更には「アマチュア選手にとっては理想的なレーシングカー」であると高評価されています。

スポンサーリンク

パワートレインはとしては、「R8 V10」と同様に排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力495ps、最大トルク550Nmを発揮。

クワトロモデルとは異なる「R8 V10」ではありますが、トランスミッションは7速ATデュアルクラッチ、駆動方式は後輪駆動(FR)、リヤには大型のカーボンファイバ製リヤウィングが装着されていますね。

ちなみに、加速性能においては0-100km/hの加速時間は4秒未満、最高時速は250km/hを上回り、リミッターカットによって最高速度を引き上げることも可能。
なお車体重量はわずか1,460kgと非常に軽量。

価格帯としては、レーシングモデルでありながら比較的割安の約2,800万円となっており、今年の12月から順次デリバリーが開始されるとのことです。

関連記事:ニュルブルクリンク24時間耐久レースにてデビュー。アウディの2017年モデル「R8 LMS GT4」が世界初公開に

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう