ヤマハが東京モーターショーにて新型コンセプトを発表。2ドア+車重900kgの軽量スポーツ

ヤマハ発動機が、今月末より開催予定となっている東京モーターショー2017にて、新たな軽量スポーツタイプのコンセプトモデルを発表することが判明。
現時点では、コンセプトモデルの名称などは明らかになっていないものの、2015年に世界初公開されたスポーツライド・コンセプトを踏襲したデザインと思われ、今回の新型コンセプトモデルは、ゴードンマレーのiStream製造プロセスを通じて設計が施された2ドアスポーツモデルと言われています。

スポンサーリンク

今回ヤマハが発表するモデルについては、比較的量産モデルに近いデザインになるとのことで、併せて公開されているイメージ画像が、もしかしたらそのまま市販車両として登場する可能性もあるとのことですが、個人的にその可能性は限りなく低いと予想(そもそも登場するかさえも怪しいところ)。

ちなみに、この新型コンセプトモデルのスペックについてAutocarが公開予想していましたが、車体重量は900kgに制限されるということ、スマートタイプのロードスター、パワートレインとしては排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンを搭載すると予想。
強豪モデルとしてはおそらくロータス「エリーゼ」が濃厚かと思われますが、あとは価格帯をどこまで現実的に絞れるかということですが、この辺りも東京モーターショー2017にて明らかになることを期待したいところ。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう