ホンダ「シビックSi」、VW「ゴルフGTI」、現代自動車「エラントラGT」がバトル。現代が意外と速かった件【動画有】

2018-07-30

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットでのラップタイムにおいて、FF最速と言われているホンダ「シビック・タイプR」の派生版(の表現が正しい?)「シビックSi」とフォルクスワーゲン「ゴルフGTI」、現代自動車「エラントラGT」がドラッグレースバトル。

これに加えて各モデルの0-100km/hの加速時間も計測していますが、意外にもドラッグレース並びに0-100km/hの加速時間では「ゴルフGTI」が最も速く、「シビックSi」は2番手、そして更に意外だったのが「エラントラGT」で、この個体も中々にパフォーマンスの高い走りをしています。

スポンサーリンク

ちなみに、現代自動車「エラントラGT」は、排気量1.6L 直列4気筒T-GDIを搭載した欧州式ハッチバックモデルで、「シビックSi」に比べると非常に大人しめなスペックではあるものの、タイヤの最小化によるシャープなスタイリングを実現し、車体重量も極限まで軽量化。
デザイン性においても、フロントヘキサゴナルグリルが非常にアグレッシブでありながら、クロムにて処理された上部グリルは何とも派手。

韓国メーカらしからぬスポーティ仕様ではありますが、この個体は世界で最も規制が厳しいとされるアメリカ・カリフォルニア州の排出ガス基準・ULEV(Ultra-Low Emission Vehicle:超低公害車)の基準をクリアしたモデルでもあるため、海外でも相当な注目を集めています。

【Too Close To Call! Honda Civic Si vs Hyundai Elantra GT vs VW Golf GTI Drag Race】

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう